山田マドカ活動報告公式ホームページ(山田まどか)

沖縄県から県民市民派のママ目線!政治は遠くない!遠く感じるなら私から会いにいくよ!
弱い者を虐げる社会システムを変えるには政治を変えればいいんだよ。
韓国は大統領が変わった事で給食費無償化で食材にはオーガニックが使われるようになりました。
フィンランドの教育システムには29歳元小学校教員が立ち上がり教育相としてトップになり現在の教育システムにかえました。
私たち1人1人は弱くても、変えたい熱意でこの社会システムはいかようにでも変えられるんです!
ぜひとも山田マドカと繋がって下さい!!

マドカの政策提案

ここを変えよう!

提案 ⑤ 教職員・保育士・介護士・等々 ブラック労働にNO!

sdg_icon_08_ja_2.pngsdg_icon_10_ja_3.pngsdg_icon_16_ja_2.png

 沖縄県内教職員病休者数が426人で、そのうち精神疾患による休職者は176人となっており

全国ワースト1です。

子ども達の健やかな成長には、教師自身もやはり健やかな職場環境が必要となります。

未来への投資のために職場環境を整える事は喫緊の課題です。

同一労働・同一賃金はILO(国際労働機関)が定める世界の規範です。正規労働者と不正規労働者の賃金格差は不当であり、正さなければなりません。誰もが労働を正当に評価され、普通に結婚して子育てができる賃金を受け取る権利があります。

教職員・保育士・介護士・行政職も一般サラリーマンも、健やかな職場環境でディーセント・ワーク(働き甲斐がある人間らしい仕事)を得られるようにします。

 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1049118.html

2020.12.02 Wednesday